トップ デイサービス案内について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

デイサービス案内デイサービスの概要 > デイサービスと介護保険の関係

デイサービスと介護保険の関係

デイサービスと介護保険の関係の画像

介護を必要としている方がいらっしゃるご家庭の大半が、デイサービスを利用されています。一度だけではなく繰り返して通うことになるデイサービスはもちろん家計の負担になる可能性もありますから、介護保険との関係が気になるところです。

介護保険によってサービスを提供してもらえる事業というのは、「居宅介護支援事業」「居宅サービス事業」「施設サービス事業」の3種類に大別することができます。居宅介護支援事業は、要介護認定の方に依頼されて介護サービス計画を作り、サービス提供事業者のあっせんから調整まで橋渡し役になってもらえます。

居宅サービス事業では、介護を要する方々に在宅での介護サービスを提供するというものです。このサービスの種類は全部で12種類あり、サービスの種類や事業所ごとに都道府県知事から指定居宅サービス事業者の指定を受けなければいけません。そして、施設サービス事業は介護保険法によって指定されている入所施設です。この施設というのは、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設、介護老人保健施設の3種類があります。

デイサービスは、介護保険を通じて提供してもらうことができる事業の中で、居宅サービス事業にあてはまります。居宅サービス事業にはさまざまな種類がありますので、担当のケアマネージャーと相談をした上でデイサービスを選ぶのがご本人にとってもっとも良いと判断されるケースにおいては介護保険を使ってデイサービスを受けることが可能です。



スポンサー広告

ネットショップ広告


デイサービス案内のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ デイサービスとケア―マネージャーの関係

デイサービスを利用するうえで大きな存在なのが、「ケアマネージャー」です。訪問介護やデイサービスを介護保険において受けたい時に介護サービスの計画を立ててくれたりあらゆる相談の窓口となってくれたりするのがケアマネージャーだからです。 ケアマネージャーという資格の名前は聞いたことがあるものの、実際にどのような仕事をしている人なのかと聞かれると答えられないという人も少なくありません。ケアマネとも称されるケアマネージャーとは介護支援専門員と呼ばれており、いわゆる介護のサポーターです。

デイサービス案内について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。