トップ デイサービス案内について 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

デイサービス案内デイサービスにおける専門用語 > デイサービスと生活相談員の関係

デイサービスと生活相談員の関係

デイサービスと生活相談員の関係の画像

私たちがデイサービスを利用したいと思った時、実際に利用する方を担当しているケアマネージャーからデイサービスの施設にその旨を伝えてもらうことになります。そして、デイサービスでかならず接することになるのが、「生活相談員」です。

生活相談員というのはデイサービス施設でかならず配置されなければいけない存在で、各施設において大切な役割を果たしている存在です。生活指導員は、新しく利用したいという方の紹介をケアマネージャーから受けるとその利用者のご自宅宅へかならず訪れます。そして、心身や身体の状態をご家族とご本人、さらにはケアマネージャーも交えて一緒に話をしつつ利用者の状態を観察し、自らの施設にて受け入れ可能かどうかを判断します。要は、利用したい方のケアマネジメントを担うというわけです。

生活相談員は、受け入れまでケアだけではありません。実際にデイサービスを利用し始めてからも、定期的にミーティングへ出席して利用者の方の現状をあらゆる機関へ伝えて利用者の状態を共有できるようにします。場合によっては、生活相談員の判断によって介護度が変わることもあります。

また、生活保護を必要としている方々に対して、その方々が居住していらっしゃる市区町村に向けた連絡とそれに付随する書類などの作成を交わすことも、生活相談員の仕事です。施設では利用する方の様子をしっかりと観察し、都庁や県庁に対してその様子が伝わるように記録を残しておくのも生活相談員が担当します。



スポンサー広告

ネットショップ広告


デイサービス案内のおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ デイサービスとデイケアとの違い

日常生活においてなんらかの介護が必要だという家族がいるご家庭では、介護サービスを利用されることが大半です。介護が必要であるというご本人だけではなく、ご家庭で抱える負担を大幅に削減できるという意味でも非常に大きいと言えます。また、今ある身体機能のリハビリという意味でも、家庭の中だけではどうしても限度がありますから、可能な限り介護サー美鵜を活用するというのは大変有効です。 介護サービスを利用しようと思ったときによくある疑問のひとつに、デイサービスとデイケアの違いがあります。この

デイサービス案内について

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。